あおむしのはらぺこ

日常で感じたこと、気ままに呟きます♪

外交的なあの友達がずっと羨ましかった

こんにちは♪

あおむしです(^^)

 

昔からずっと思っていたこと。

みんなでワイワイ出来るあの友達が羨ましい。

 

なんだかんだ、人馴染みが下手だった。

クラスの中心なんて程遠かった。

 

ずっと羨ましかったんです。

みんなと楽しくしている同じクラスの同級生が。

時には好きな子といい感じになったり。

 

朝、通学路で出会う友達との挨拶から始まって、クラスでおはよう、始業前も、授業中も、休み時間も、放課後も。

 

友達といる同級生はなんだかキラキラしていた。

毎日が心底楽しそうだった。

 

途中までは、私の身だしなみがいけないんだと思って、お洒落や持ち物、振る舞いを頑張って気をつけました。

 

そしたら、ウン。

周りに人が寄ってきて声をかけてくれるようになった。

多分、色々と人並みになった。

(それまでは漠然とぼっとしてた)

 

ある程度みんなに好かれる存在になれば、友達とワイワイして、言うならば外交的な人間として振る舞うのは簡単です。

 

だからそうなろうと頑張った。

 

友達が集まっていれば、急いで寄っていって輪の中に入ろうとしたし、新しいクラスの初日はムードメーカーのように明るく振舞った。

 

けど、疲れる。

私のしてた顔、笑顔じゃなくて無理笑いです。

 

悔しかった。

身の振りもお洒落もコミュニケーションの持ちかけ方も一応、クリアして、みんなと一緒になれて、みんなと同じようにキラキラと笑顔溢れる人生をやっと送れると思ったのに。

 

 

私には向いてないんでしょうね。

頑張っても、実は作ってるから2週間くらいで限界がくる。

 

ひとりぼっちになりたくなる。

本を読んで、音楽をききたくなる。

 

のんびり、していたくなる。

そしてたまに少しだけ人に頼って、

博士なんかって呼ばれる博識な人の話を呑気に聞きにいったりして。

チーズとワイン合わせてお話して🍷🧀

楽しそう。落ち着く。

 

 

悔しいなぁ。

やっぱり外交的な友人のあのキラキラの笑顔は、いつだってどんな時だって羨ましいんだ。

私に足りない幸せなの。

f:id:harapekoaomusi2020:20200215150728j:image